2016年12月24日土曜日

私的、アザルス大陸における対人の歴史

的、アザルス大陸における対人の歴史
俺から見たアザルス大陸における対人の歴史を記録しておこうと思う。
まず大きな前提としてwizon の対人はワンパンゲーでバランスは無いようなものです。

クローズドベータは参加してないので記録はない。

私的、アザルス大陸における対人の歴史①Oβ時代
主な流行スキル、チャージ、スィープ、アクト、ムーブバインド、アロー、ブラスト。
戦士はチャージからのラウンドスィープ、通称チャースイでPT全員ワンパン
当然赤ネームが多用してきて、ルートの被害が続出、有名なマッコイコピペもこの頃。
ルートの仕様も違い、今よりはるかに盗まれやすかった。

魔術師はタゲ指定かつ必中のバインドからアローやブラストでワンパン
魔法防御や属性防御の意味が無かった(未調整)

チコル城址では紅白の戦いが連日連夜行われており、カオスでとても楽しかった。



②アベンジャー時代
主な流行スキル、アベンジ、各種魔法など
チャースイ、バインド修正後、猛威を振るったのがアベンジである、防御できず、ほぼワンパンするので茜及び対人er 必須のスキルとなった
また魔法を耐えれる人はほぼいなかった。
アベンジは、移動速度や防御が充実し主流スキルではないが、継続して最後まで使われていた。


④忘却の寺院~13号施設、クエイク時代
狩りでも火魔法ばかりの時代に地魔法のクエイクが脚光を浴びた、詠唱速度が速く、
固定ダメージが大きい為、狩りも対人もブームに、赤も白もステルス→クエイクでワンパンであった。
固定ダメージが大きいので、THIに継承しても皆ワンパンで殺せた。
13号施設で詠唱速度、威力が落ち一旦ブームは終焉、アンチマナ実装までは対人でも第一線で使えた。
※最終的に、NINやBISを殺せる。

④サンジェント遺跡~断罪時代
サンジェント遺跡産エクスキューショナーソードの断罪が脚光を浴びる
赤ネームにダメージ二倍と効果は絶大で、狩りビルドの戦士でも楽に赤ネームを殺せた。
この頃漂白する赤ネームが続出した

エクスキューショナーソードの攻撃力が時代遅れになるまで続いた。その後断罪は忘れ去られたが、断罪自体はレジェスチョッパー実装で再び脚光を浴びた。

⑤BISの台頭~愛欲の館実装と同時に上位職のBISが実装、当初はレベルが上がりづらく、欠点だらけだったが、PRI装備が着用できることと、いくつかの調整が入ったこと、スチームが追加実装され対人キャラとして不動の地位を獲得した。
FIGのブローはPRI装備+DS+プロテで防ぎ、スチーム、アイススプラッシュでワンパンするというスタイルでブームに。

魔法攻撃はアンチマナ実装まで、防御は防御無視ジェム実装まで第一線級だった。



2016年12月21日水曜日

またいつかどこかで・・・終焉にむけて1

5年続いたwizon が終わった、今は失恋したように心に穴が開いてしまっている。
ある程度気持ちを整理するためにブログに記載しようと思う。
とても1つの記事に書ききれないし文章力のない自分には簡単には書けない。
終焉に向けて最後の1か月思っていたこと。


最後の1年は仕事が忙しくあまりINできなかったが、その中でもやれることはやれたと思う。

やろうとしていた課題は以下のとおりである。
①赤ネームの根絶
②シャーデ最終クリア
③対人で全ての人物をワンパンで殺せる火力を身に着けること。
④対人のビルドを組み育てること。


①はPKKの仲間、一般の白ネームの方の尽力もあり、達成できたと思う。
ここでいう赤ネームとはPKおよび妨害行為を行うプレイヤーのことであるが、過去にいた赤ネーム集団は別ゲームに逃げ崩壊した。
現在いる赤ネームの人々は嫌がらせをするタイプの赤ネームではなく、またシステム上PKがなくなったこともあり根絶したと言える。

②シャーデ最終はhttp://adventure-sheet.blogspot.jp/2016/09/blog-post.htmlの記事にもある通り、うさぎ愛好会のメンバーでクリアした。

③はアップデートによりアイススプラッシュ、スチームなどの魔法威力が大幅に増加し
自分の努力ではないが達成できたといえる。

④は現在育成中のKhareをカンストさせたいと思う。(間に合わなかった!)
既にビルドは完成していて、継承は高速詠唱、魔攻パッシブ、ディバインレイ、トーチライト、ステルス、コーショナリームーブ、クラージュとなっていて、完全に対人キャラであった。


おおむね達成できて心残りなんてないはずなのにね・・・終わったら心にぽっかり穴が開いてしまった。

2016年9月28日水曜日

シャーデ最終クリア

2016/9/25
深夜4か月以上かかった長い戦いに勝利し、シャーデの迷宮最終決戦場をクリアした。


[参加メンバー]
・俺 ※未クリア
・あすまいしゃん さん
・スミスミ さん
・アーケイン さん ※未クリア
・13号 さん ※未クリア 初
・HYDRA  さん 


[道のり]
①決戦2
シャーデの迷宮は3/24日実装
実装後決戦2で詰まる。
何度も挑戦しユニメンで攻略

②決戦4
その後決戦4で詰まる。
あまりの運ゲーぷりに皆萎えて諦めるが、あすまさん(あすまいしゃん)があきらめず攻略したいと皆に協力と呼びかけを行う。

何度かやるうちに、攻略に成功したが、あすまいさんが、無念の回線落ち。
次の機会にクリアする。


③最終
なんども挑戦したが、BISの多いうさぎ愛好会ではクリアの目星が立たず、厳しい状況。
このままではクリアできないので、いったん考え直すことに。(4/17頃)

物理攻撃に耐えれないし、攻撃できない為、俺は最終攻略専用のALCを作成
他のBISメインのメンバーは、物理攻撃職を新たに作成する。

ALC作成したが仕事が忙しく時間が取れないことと、wizardry onlinが2016年12月20日サービスが終了することが決まり過疎化が進んでレベリングすらまともに行えなくなった。

諦めずに目標LV70にし、専用の装備をそろえた。時にはなんどもネガティブ発言をしてしまったが、ユニメンのおかげでレベルも装備もそろった。

9/24深夜25日に攻略を参加できるメンバーを募り告知した、スミスミさん、HYDRAさん、アーケインさんといったベテラン、(アーケインさんは一応俺と同じく意地を張ったけどw)、サービス収量が決まってからやる気が復活してる13号さん(初見)、ほぼ別ゲーに移住してるあすまさんが参加することになった。

9/25 23時頃集まり準備する、何度か挑戦すると火力の違いが以前と違うし、自分も物理攻撃を耐えれるので希望が持てた、タイミングしだいでクリアできることを確信し、6~7回目の挑戦で見事クリア。


心残りはちゃぴおさんがいないこと。真のうさぎ愛好家なのにw
しかしアーケインさんと意地を張ってユニメンでクリアしてよかった、本当にドラマが生まれたから。
本当にありがとう、うさぎ愛好会のメンバー。

茜も倒して追い出したし、シャーデもクリアしたしwizonの残りをまったり過ごしますか~

2016年4月4日月曜日

ノームBISすからぶれいのスキル構成

すからぶれいのスキル構成

俺は日ごろ対人をするので、スキル構成(特に継承について)は知られると大きな影響が出ていたので公開しなかった。
もはやビルドが古いのと最近の仕様変更に伴い知られても問題がないと判断したので公開する。

[継承スキル]
魔法攻撃パッシブ7LV
ダークネスアロー6LV
高速詠唱7LV
セイクリッドバリア7LV
オーバーユーズ7LV
ステルス7LV


[主な取得スキル]

攻撃スキルは、サンドストーム、スチームエクスプロージョョン、アイススプラッシュ、ランドクラック、クエイク、等


支援スキルは、ヒール7、プロテクション7、レジスト7

狩りは高速詠唱を生かして魔法攻撃をすばやく叩き込み、セイクリッドバリア、オーバーユーズを交互に使って耐えるスタイル、大ダメージでバリアが即消えなければ、ディフェンドスタンスがなくても問題はない。無論バリアがすぐ消えるような狩りであれば、若干問題はある。


一般的な狩り構成と習得するスキルが大きく異なり、アイススプラッシュ、スチームエクスプロージョン、ランドクラック、エアーウォールズをLV7にして水と地を中心にしている。

対人においては、スプラッシュ、スチーム、ランド、は一撃で相手を倒す為、エアーウォールズは魔法防御の低い相手を楽に倒す為と防御のためのスキル。

支援スキルはプロテクション、レジストをあげ単独や対人で攻撃を耐える目的。

このビルドは、セイクリッドバリアとオーバーユーズで攻撃を耐え、高速詠唱と詠唱装備をつかいすばやくアイススプラッシュなどの魔法をすばやく叩き込んで対人で相手を倒すスタイルだった。

現状はトーチライトがないので対NINに不利、防御無視ジェムの台頭、ハードブローの強化、STRの影響増大によってもはや攻撃は耐え切れない時代になっている為、スキル構成は時代遅れだ。

ADPもかなり取得しているので今後は狩りキャラとして活躍していくだろう、SR27でのビルド変更も楽しみだ、予定としてはディフェンドスタンス7LV トーチライト1LVあたりを継承に追加したい。







2016年2月27日土曜日

転職システムの改修と戦士の継承変更


スーパー戦士のビルドが古いので継承を入れ替え

FIG57から転職し経路でLOR50でセイクリッドバリアを取り

最終的に
セイクリッドバリア7LV
身体抵抗7LV
メイクメディスン7LV
LHP防御パッシブ7LV
ヘイトレシーブ7LV
ピアッシング4
をもってFIGに転職した
http://skillwo.xii.jp/fighter.html?sd=4nq65X+4Tdp9YEtn+4HIceQj6B+9CD50xn98+coT9tmYIP+cqAJUsXHv+9I1Z3hiCI+I1
レシーブはあまり使わないがこのキャラの存在意義だったのであえて残している。


 画像のとおり、転職システムが改修されLOR50からFIGに転職すると褒賞込みでLV49に、今までと同じくミッションをためて転職後に報告するとさらに上がり、50を簡単に越えれる様になった。
ビルド変更が手軽にできるようになったとは思う。

2016年2月23日火曜日

BISゲーの終わり

今回のアップデートhttp://www.wizardry-online.jp/info/?seq=2103
(2016/2/23(火) 定期メンテナンス)
スキルバランス調整が行われるらしい、現在俺はBISをメインにやっている。
理由は対人において強かったから、1人で敵を全滅または半壊させることができたからやってる。
今後も継続してBISを育てようとは思うが、アップデートにより近接職、
特にFIGの強化が目だち、BISはもう何年も強化されてない現状だ!

軽く検索すると、2013/08/30のアップデートhttp://www.wizardry-online.jp/info/?seq=1227
でスチームとストームが実装されてから、攻撃力が上がるようなアップデートはほぼなく(細かい修正はある)2年以上強化は据え置かれている。

BISは装備が他職に比べて高く、装備をそろえるまで非常に時間かかる上に、野良レベルで火力としてこなせる様な装備を手に入れるには、他職の倍ちかい金がかかっていた。


もう2年強化されない装備が高いだけの不遇職をやる人は減っていき、趣味の職業になるでしょう!


BISの良い点

・装備更新が緩やか。
一度装備をそろえると装備更新によるリアルマネー消費も少ない。

・遠距離から範囲で攻撃できる。
・回復やバフ、蘇生もできる。
・安定してダメージを与えることができる。
・対人において、一撃必殺の威力の魔法を撃つことができる。
・詠唱速度が早い。

BISの悪い点

・PRI装備にINTがつかなくなり、やわいMAG装備必須になり、防御力が低下。
・2年以上アップデートなく、狩りにおいてはもはや弱職
・装備に膨大なゲームマネーがかかる。
・狩り、トレハンにおいても魔法職不利の狩場が増えた。

長きにわたりBISの天下が続いていたがもはやオワコンのBISゲーは終焉を迎えたといっていい。
とは言うものの、まだ対人面で生き延びれそうなので俺は続けるけど!

2016年2月18日木曜日

さようならアルバロア、こんにちはエストール

普段プレイしているWizardryOnlineも4年目を向かえ、過疎化が進み、またサーバーが統合された。
メリィウェザー→リラローザ→アルバロア→エストールとなり
PKのない+Liberal+を除いてサーバーが1つになってしまった。

さすがにもう新規はあまり増えないだろうし、活気もあまりなくなるだろうが、俺は今後もWizardryOnlineを継続して遊びたいと思ってる。

ネガティブな意見ではないが、もう統合するサーバーが無いので、おそらくこの統合が最後になるんじゃないかと、そしてこのあと人口が減り続けるとサービスがいずれ停止するだろうと思う。
自分のINできる時間も減っているしサービスとして残された時間も減っているが、できるだけ楽しく遊ぼうと強く思っている。

狩りにも対人にもどんどん行きたいものだ!


記念にアカシックレコードを貼っておく。
元エゼルの人これからヨロシクね!